『行動経済学』おすすめ本まとめ

心理学

人間の心の働きに注目し、私達の意思決定などに関わる学問『行動経済学』。

世界的に様々な方面から期待が高まっており、聞いたことがある方も多いと思います。

ここでは行動経済学について、初心者向けの入門書詳しい内容で解説されたおすすめの本をまとめております。

初心者向けのおすすめ入門書

まずは これから行動経済学について勉強したい方、初心者の方、広く浅く理論を知りたい方などにおすすめの本を紹介していきます。

知識ゼロでも今すぐ使える! 行動経済学見るだけノート


知識ゼロでも今すぐ使える! 行動経済学見るだけノート』は、法政大学大学院政策創造研究科教授・経済学者である”真壁昭雄(まかべあきお)”さんによって書かれた本です。

イラストや具体例があり、その名の通り知識ゼロでもわかりやすい まさに入門書と言える一冊です。

サクッとわかる ビジネス教養 行動経済学


サクッとわかる ビジネス教養 行動経済学』は、東京大学大学院経済学研究科・経済学部教授である”阿部誠(あべまこと)”さん監修の本です。

こちらもイラストが多めで読みやすい、初心者向けの一冊です。
楽天ブックスでは、経済学部門にて売り上げ上位にランクインし続けており、かなり人気のある本です。

もっと詳しく勉強したい方向け

次に 行動経済学についてもっと詳しく知りたい方、難しい内容にも挑戦したい方などにおすすめの本を紹介していきます。

予想どおりに不合理 行動経済学が明かす「あなたがそれを選ぶわけ」


予想どおりに不合理 行動経済学が明かす「あなたがそれを選ぶわけ」』はデューク大学の心理学・行動経済学の教授であり、行動経済学の権威と呼ばれる”ダン・アリエリー”さんによって書かれた本です。

年単位での人気ランキング一位・ニューヨークタイムズのベストセラーなど、「行動経済学の本」として必ずおすすめされる一冊です。

ファスト&スロー あなたの意思はどのように決まるか?



ファスト&スロー あなたの意思はどのように決まるか?』(上・下)はプリンストン大学名誉教授・認知心理学者であり、「プロスペクト理論」の研究でノーベル経済学賞を受賞した”ダニエル・カーネマン”さんによって書かれた本です。

行動経済学の理論を構築した学者の著書ですので、かなり詳しく 勉強になります。
文庫本ですが上巻・下巻があります。

まとめ

行動経済学のおすすめ本の紹介でした。

ここで紹介した本のほかにも、行動経済学を学ぶことができる名著が多く存在します。
今後、本の詳しい説明やおすすめの追加をしていきますので
また機会があればよろしくお願いします。

最後に、本のリンクをまとめておきます。
購入は 一冊からでも全品送料無料の楽天ブックスがおすすめです。
ぜひ一度ご確認くださいませ。






タイトルとURLをコピーしました