まふまふ『栞』歌詞の意味まとめ

音楽アーティスト
音楽アーティスト

まふまふさんの新曲『』MVが公開されました。

ここでは歌詞中の気になる言葉の読み方【ふりがな】や、それらの意味について解説&まとめていきます。
(意味の選定は私個人の解釈によるものです。)

データ

読み方は『しおり

2022年2月18日に公開された映画「君が落とした青空」主題歌

MVは同日18:00より
公式YouTubeチャンネル「まふまふちゃんねる」にて公開

【MV】栞/まふまふ 映画『君が落とした青空』主題歌
『今日はあの日の続きじゃなかった』■Animation監督:土海明日香副監督:史耕脚本・構成:浅井正明■MusicAcoustic guitar:三矢禅晃作詞作編曲:まふまふ ■映画『君が落とした青空』主題歌

作詞・作曲・編曲…まふまふさん
ギター…三矢禅晃さん

1サビまで

筋書き【すじがき】
仕組んでおいた計画(目論見)のこと。

晴れ間【はれま】
①降り続く雨や雪が一時的にやんでいる間。
②雲の切れ間からのぞいて見える青い空。

なぞった
書かれている文字・絵・図形などの上に紙などをのせ、その通りに書き写すこと。

ずれた
基準とする時間や角度、方角からはずれた。
また、時間帯などが互いにかみ合わないことを意味します。

空間【くうかん】
①上下・左右・前後への果てしない広がり。
②哲学で、時間とともに物体界を構成する基礎概念。

ありがち
そうした事例がよくあるさま。

呼び込んで【よびこんで】
呼んで中に誘い入れる(その方へ引き入れる)こと。

答え【こたえ】
①相手の呼びかけや質問に対して言葉を返すこと。
②問題などを解いて得る結果。

溢れてしまう【あふれて】
こぼれるほどいっぱいになること。

逆さま【さかさま】
①上下・左右・表裏・前後などの位置が反対の関係にあること。
②予想や期待をする方向と反対であること。

【しおり】
読みかけた本の間にはさみ、目印にするもの。
紙や布などで作られることが多い。

遮る【さえぎる】
①あるものが、自然のもたらす物理的な作用をさまたげること。
②あるものが、人の行動や物事の進行(時に、人の話)をさまたげること。

霧雨【きりさめ】
霧のように細かく降る雨。

すれ違う【すれちがう】
互いに触れ合うほど近くを通り過ぎて、それぞれ反対の方向へ行くこと。

未来世【みらいせ】
生まれ変わって住む世。

ラストサビまで

手繰り寄せる【たぐりよせる】
たぐって手元へ引き寄せること。

見つけられずに
探しているものを見いだせずにいる。

繋いだら【つないだら】
(繋ぐの意味)
①気持ちや関心が離れないようにすること。(つなぎとめる)
②心と心を結び付けて緊密な関係を作ること。

埋まらない【うまら】
(埋まるの意味)
①くぼみや空所が満たされていっぱいになること。
②補われて不足分がなくなること。

爪弾き【つまはじき】
ある人を嫌ってのけものにすること。

読み返す【よみかえす】
初めからもう一度読むこと。

覚めないで【さめ】
(覚めるの意味)
意識のはっきりしない状態から、意識のはっきりした状態に戻ること。
また、現実に立ち返ることを指します。

焼き付いている【やきついて】
ある印象が強く残っていること。

失くした【なくした】
今まであったものや、それまであったものを失うこと。

駆け出して【かけだして】
①走り始めて。
②走って外へ出て。

振り返りはしない【ふりかえり】
過ぎ去った事柄を思い返さない。

くじらいと