月詠み『メデ』データ&言葉の意味まとめ

音楽アーティスト
音楽アーティスト

ユリイ・カノンさん率いる音楽プロジェクト月詠みの新曲『メデ』についてのまとめです。

基本データ

メデ

英題:mayday

👁 アーティスト:月詠み

  • ボーカル…Yue
  • ピアノ…ユリイ・カノン
  • ギター…Epoch(エポック)
  • ベース…とうかさ
  • ドラム…なおk

👁 作詞・作曲…ユリイ・カノン

👁 編曲…月詠み

 (以上敬称略)

👁 月詠み7曲目のデジタルシングル

👁 2022年2月24日20:00~
 YouTubeにてMVのプレミア公開

👁 同じく2月24日、各種サービスにて配信開始

MV

YouTubeチャンネル「月詠み / ユリイ・カノン Official」にて公開されている動画
月詠み『メデ』Music Video”へのリンクです。

▶タップ / クリックすると再生されます。

メデの意味

タイトルの『メデ』は、歌詞などから「mayday」を指していることが分かります。

mayday【メーデー】の意味
船舶や航空機の国際無線救助信号です。

余談として同じくメーデーと読む「May Day」は
毎年5月1日に行われる国際的な労働者の祭典を意味します。

1サビまでの意味とふりがな

歌詞引用元:YouTube”月詠み『メデ』Music Video”動画概要欄より

気になる&難しい言葉をピックアップし、読み方ふりがなと意味を解説。

なぜ生きてるかなんてさ ほらね努努言えない
まだ惨憺たる現実を 誰も皆見ちゃいないな

嘘や他意は無いわとか嗤う そして態態拘らう
誰だって堕して 大抵 退嬰
既に飽き飽き lazy lazy

焦燥に駆られて 足を取られて
描いた理想さえ凪いで茹だっていく

見つけてよ
メーデー メーデー 聞こえてる?
声にならない声を聴いて
そう 眼で見えるものだけが全てじゃない

継ぎ接ぎの命で構わない
心のままに踊れ踊れ

もう 迷で 迷で わからない
だけど それでも
愛も才も甲斐も無いが生きている

嗚呼
メーデー メーデー
ここにいるよ

努々【ゆめゆめ】
少しも/まったく。
”努々言えない”は”まったく言うことができない”

惨憺【さんたん】
見るに忍びないほど、いたましいさま。
/きわめてみじめなさま。


曲中での読み方は【ライ】
英語:lieは
うそ/虚言/まがいものなどを意味する名詞。
うそは事実でないこと。
 また、それを本当であるかのようにだまして言う言葉。

他意【たい】
ほかの考え/心の中に隠された別の意図を指す。

嗤う【わら】
笑うに対して、嗤うは馬鹿にしてわらうという意味で使われます。

態態【わざわざ】
しなくてもいいことを意図的に行うさま。

拘らう【かかわ】
(かかわるの意味)
かかずらう/かかずりあうこと。

堕して【だ】
物事がよくない傾向や状態におちいること。

大抵【たいてい】
①物事のほぼすべて/大部分/たいがい。
②ほとんどの場合がそうであるさま。

退嬰【たいえい】
後ろへ引き下がること。

既に【すで】
そのときには早くもそうなっているさま。

飽き飽き【あ】
すっかり飽きていやになること。

lazy
発音は【レイジー】
怠惰な/不精な/だるい などを意味する形容詞。

焦燥【しょうそう】
いらだち、あせること。

駆られて【か】
ある情念に動かされること。

足を取られて【あしをと】
歩行の自由を奪われること。

描いた【えが】
事物の形やありさまを心に重い浮かべること。

凪いで【な】
風邪や波がおさまる/風がやんで海面が静かになること。

茹だって【ゆ】
湯の中でじゅうぶんに煮られた状態になる。

継ぎ接ぎ【つぎはぎ】
つぎ合わせることと、はぎ合わせること。
何かを寄せ集めてつなぎ合わせることのたとえにも使われる言葉です。

命で【めい】
①いのち/生命/寿命
②さだめ/めぐりあわせ/運命

迷で【めい】
①まよう/まよわす/まよい。
②珍妙な/傑作な。

【さい】
生まれつきの能力。
多く、才能のことですね。

甲斐【かい】
~するだけの価値/~にふさわしい効果 などの意味。

嗚呼【ああ】
嘆き・悲しみ・喜びなど、物事に感動した時に発する語。

2サビまでの意味とふりがな

dummyの日々に染まれど今も脈々流れる

ルーザーの檻を抜け出せない
なのに死ねない理由は何?何?

情動を綰ねて 爆ぜて散けて
どうしようもないまま今日が終わっていく

降り出した雨で融けていく
言の意味さえ消えていく
そう 眼で見えるなら 迷いなどしない

それらは透明で掴めない
知らず知らずに壊している

もう 冥で 冥で わからない
故に未だに
吸って吐いて食って減って満たせない

嗚呼
メーデー メーデー
ここにいるよ

dummy
発音は【ダミー】
①型見本/模造品
②身代わり/替え玉

脈々【みゃくみゃく】
とぎれることなくちから強く続くさま。

ルーザー
英語:loser
①負けた人/敗者
②失敗者/損をする(した)人/何をやってもうまくいかない人。

【おり】
①猛獣を閉じ込めておく、鉄のさくなどを用いた頑丈な箱や室。
②罪人を猛獣並みに扱って、牢(ろう)の意味でも使われる言葉。

情動【じょうどう】
喜怒哀楽などの感情のうち、一時的に激しくわき起こるもの。

綰ねて【たが】
集めてひとつにまとめる/束にまとめること。

爆ぜて【は】
砕けて飛び散ること。

散けて【ばら】
ひとつにまとまっていたものが、ばらばらになること。

知らず知らず【し】
無意識のうち。

冥で【めい】
①あの世。
②くらい。
③道理にくらい/おろか。

故に【ゆえ】
先に述べた事実から、その後に結果が導かれることを表す。

未だに【いま】
予想や期待とは違って、現在もその状態が続いているさま。

ラストサビまでの意味とふりがな

見つけてよ
メーデー メーデー 聞こえてる?
声にならない声を聴いて
そう 眼で見えるものだけが全てじゃない

誰かの為で構わない
とどのつまりは生きる希望

夢で終わらない
心のままに詠って舞って泣いて笑ってくたばろうぜ

共鳴で現実を満たせ

なぜ生きてるかなんてさ
もはや馬鹿馬鹿しいほど野暮だな

マーダー的な加速度で変わりゆく世界を
その眼で見ていて

とどのつまり
結論として行き着くさま。
つまるところ/結局のところ とも言われますね。

詠って【うた】
物事を和歌や詩などの形で叙情的に表現すること。
また、詠唱・吟詠の意味で「詩吟を詠う」などと使う言葉です。

くたばろうぜ
くたばる は死ぬことを意味する俗語。

共鳴【きょうめい】
①振動体が他の振動体の作用を受けて、固有の振動数で振動すること。
②人の意見や考えに同感すること。

現実【いま】
この瞬間/現在の時点。

馬鹿馬鹿しい【ばかばか】
①きわめてばかげているさま。
②程度がはなはだしいさま。

野暮【やぼ】
世情にうとく、融通がきかないこと。
また、人情の機微が分からないこと。

マーダー
英語:murder
“マーダー的な”で”殺人的な”
この場合、非常に困難(危険・不快)なことを表しています。

加速度【かそくど】
物事の変化する速さが次第に増していくこと。

変わりゆく【か】
(変化していく)
物事や状態がこれまでと違ったものになっていく。

くじらいと