『2050年カレー』の発売

トレンド

1月31日に発売された『2050年カレー』をご存じでしょうか?

醤油やつゆ、レトルト食品でお馴染みの「ヤマモリ株式会社」から、ECサイト「Amazon」にて販売されている 代替肉を使用した”次世代型レトルトカレー”です。

ヤマモリ株式会社について

いい味、ヤマモリ♪”というフレーズを耳にしたことのある方は多いと思います。
そのコマーシャルを発信しているのが「ヤマモリ株式会社」です。

食品などの製造・販売を行っており、主な商品に以下のようなものがあります。

  • 醤油
    特級しょうゆ
    ハローキティ おいしいしょうゆなど
  • ストレートつゆ・麺用ソース
    そのまま そうめんつゆ
    カレーうどんの素
    CoCo壱番屋監修 カレー麺の素など
  • 濃縮つゆ・たれ
    つゆの素
    松阪すき焼きのたれなど
  • 釜めしの素
    地鶏釜めしの素
    ちょい炊き 五目など
  • その他レトルト
    炊き込みパエリア
    リゾッドリア ミラノ風ミートソースなど
  • タイフード
    タイカレー グリーン(レトルトカレー)
    ガパオの素(本場タイの辛さ)など
  • お酢飲料
    ダイエット黒酢ドリンク アセロラ
    乳酸菌黒酢 ヨーグルト味など
  • サワー
    皮ごと搾りレモンサワー
    青りんごサワーなど

2050年カレー

2050年には世界人口が90億人を超え、世界的に深刻な食糧危機が訪れると言われています。

そこでヤマモリ株式会社が開発した商品が『2050年カレー』です。
持続可能な食材として注目されている大豆を加工した「大豆ミート※」が使用されており、肉のほぐれや繊維質が再現された”次世代型レトルトカレー”です。

(※ フェイクミートやベジミートとも呼ばれます。)

以下では発売された3つのラインナップをご紹介。

ガーリックチリ

2050年カレー ガーリックチリ

がっつり効かせたガーリックの旨みと唐辛子の辛さがクセになる激辛キーマカレーです。

ヤマモリ株式会社 公式サイトより

名称:野菜カレー
内容量:160グラム
メーカー希望小売価格:388(.8)円(8%税込み)

ペッパーチリ

2050年カレー ペッパーチリ

粒のまま(ホール)のブラックペッパーを入れた、爽やかな風味と後引く辛さがクセになる激辛キーマカレーです。

ヤマモリ株式会社 公式サイトより

名称:野菜カレー
内容量:160グラム
メーカー希望小売価格:388(.8)円(8%税込み)

麻辣

2050年カレー 麻辣マーラー

唐辛子のヒリヒリした辛さと花椒(ホアジャオ)のしびれる辛さ、二つの刺激がクセになる激辛キーマカレーです。

ヤマモリ株式会社 公式サイトより

名称:野菜カレー
内容量:160グラム
メーカー希望小売価格:388(.8)円(8%税込み)

タイトルとURLをコピーしました