20代の私が”生きづらさ”を感じる話。

悩み

初めまして。興味を持っていただき、ありがとうございます。
ここではタイトルの通り、私が”生きづらさ”を感じていることについて書いていきます。

私の人生観で綴っておりますので、あくまでもひとつの意見として捉えていただきますようお願い致します。

はじめに

最初に伝えておきたいことは、これはあなたの悩みを解決できるものではないということです。
抱えている悩みもつらさもあなたのものです。ひとそれぞれで、物事などに対する価値観・重みが異なります。

しかし、あなたの感じている”生きづらさ”と近いものを感じている人間もいることや
あなたの思いは決して間違ってはいないことを理解していただきたいです。

生きづらい

”いきづらい” とGoogleで検索すると…
「生きることがなんだか苦しい」「日本人の6割が生きづらい」
「20代の8割が生きづらい」

このような内容がいくつも表示されますね。

また関連キーワードには”生きづらい”に加えて…
苦しい・原因・どうしたらいい・HSP・自己嫌悪・仕事などが挙がっています。
多くの人がさまざまな理由で”生きづらい”と感じているようです。

生きづらい原因については、申し訳ありませんが私からは何も言えません。
私自身も自分がなぜ”生きづらさ”を感じているのかわかっておらず、素人ですので正しくない認識を与えたくないからです。

HSPとは

生きづらいと感じる理由のひとつに、「HSP」という気質(特性)があるようです。

HSP(Highly Sensitive Person)とは…

生得的な特性として、高度な感覚処理感受性(あるいは生得的感受性)を持つ人のこと。

HSPは生まれ持った気質であり、生涯、変わることはない。人口の約15~20%を占め、男女によって偏りは見られない。

wikipediaより引用

簡単にすると「HSP」とは、良いことにも悪いことにも敏感な人・感じやすい人のことです。結構いろんなところで言われていますが、人口の約15~20%ですので約5人に1人いることになります。
またHSPといっても人によって感度が異なり、高・中・低と3つの度合いに分けられるようです。

HSPの人には、次のような特徴があります。

  • 周りにいる人(怒っている人など)の気分に左右される
  • 完璧主義が多く、神経を使い過ぎて疲れやすい
  • 音や強い光などの刺激に敏感(驚きやすい)

上に挙げた例はほんの一部で、セルフチェックなどをするともっと特徴が挙がります。
ちなみに私がセルフチェックで診断をすると、度合い:中のHSPという結果になりました。

厭世観

私はブログやTwitterのプロフィールに「厭世家」と書いています。

厭世えんせいとはこの世に生きることをつらくて嫌なものだと思うことです。この考えを「厭世主義」、それを持つ人を「厭世家」と言います。
あまり馴染みのない言葉かもしれませんが、ペシミストなら聞いたことのある方が多いのではないでしょうか。

生きづらいと感じるから厭世観を持っているのか、厭世家だから生きづらいと感じているのか自分でもわかりません。
しかし気づいた時には心の中にそれらの感情があり、長生きは絶対にしたくない気持ち(希死念慮)が生まれました。

生きづらい理由を考える

上には”生きづらさ”を感じる理由がわかっていないと書きましたが、心に突き刺さったことは嫌でも思い出してしまいます。
生きづらい原因がわかれば、悩みの解決につながるかもしれません。

ここからはタイトル通り私のお話になりますが、同じような体験や感じたことがあるものがあれば、それは改善できるのか考えてみてください。

頼れる人が誰もいない

残業が続いて精神的・身体的に悩んでいた時期に”頼れる人が誰もいない”と感じたことがありました。

唯一なんでも話せた先輩や上司に相談しても勤務状況は改善されず、親に「転職しても変わらないから簡単に辞めるな」と言われたことがショックでした。

一年以上前のことなのですが現在も少なからずその思いが残っており、人は簡単に信用するものではない と考えてしまいます。
18歳の時点で大人(世間)に絶望していました。

本気で悩んでいるときに『ひとりで溜め込まずに話してみて』というアドバイスらしきものをよく耳にしますが、話すだけで解決につながったり楽になったりするのなら誰も苦労しないんですよね。
(これを共感してくださる方は多いと信じています)

そのため、悩みを溜め込んでしまう人はどんどん苦しくなっていくのだと思っています。

否定されること

私がいま一番つらいと感じるのは”否定されること”です。

家族・世間・友達・大人など、これまで多くの人に否定されてきました。そのたびに”自分は受け入れられない”と何かが砕けた気がしていました。

『自分は昔こうだった』『”普通”ならこうするだろ』などと
自分の考えを押し付けてくる人 あなたの周りにもいますよね。
こちらの考えや気持ちを何もかも否定して強要するのは、考えが古すぎると思います。

多くを否定される人生…生きづらいに決まってますよね。

おわりに

毎日残業している人の”普通”の仕事量は、誰かにとっての致死量
という話を聞いたことがあります。
誰もが相手に合わせた言動・行動をとってくれると、人と関わることが楽になると思うのですがこの願いは叶いそうにないです。

ここまで書いている間、本当はただの被害妄想なのではないか などと正しさがわからなくなりました。
考えていることを綴っただけですが、ここまで読んでくださって本当にありがとうございます。
それでは今回はこの辺で終わります。

タイトルとURLをコピーしました