パッチラゴンの考察

ポケモン

今回はポケットモンスター ソード・シールドに登場する新ポケモン「パッチラゴン」について考えていきます。

かなり強いと話題になっている「ウオノラゴン」と同じく、カセキメラ(俗称)の一体であるパッチラゴンの考察になります。
あくまでも私個人の考えですので参考程度にご覧くださいませ。

パッチラゴンとは

基本情報

  • 分類 … かせきポケモン
  • タイプ … でんき・ドラゴン
  • 特性 … ちくでん / はりきり /(隠れ特性)すなかき
  • 入手方法 … 6番道路にいる研究者のウカッツに「カセキのトリ」と「カセキのリュウ」のふたつを渡して復元

でんきとドラゴンの複合タイプは、X・Yが初登場の「メガデンリュウ」以来6年ぶりの登場になります。
でんき・ドラゴンのタイプ相性(耐性)は次の通りです

  • ダメージ2倍 こおり・じめん・ドラゴン・フェアリー
  • ダメージ等倍 ノーマル・かくとう・どく・エスパー・むし・いわ・ゴースト・あく
  • ダメージ1/2倍 くさ・ほのお・みず・ひこう・はがね
  • ダメージ1/4倍 でんき

特性については攻撃性能を求めるなら「はりきり※」、命中率の不安をなくすなら「ちくでん」ですね。
「すなかき」は隠れ特性であり現在は未解禁のようです。

はりきりは攻撃が1.5倍になる代わりに物理攻撃の命中率が0.8倍になる効果の特性です。

余談になりますが、パッチラゴンを含むソード・シールドのカセキポケモン達は”タマゴ未発見”です。特性と個体値だけ許容できるまでリセットし、おうかんやミントで調整するのがいちばん楽かと思います。
性格25通りと特性2通りで確率50分の1はさすがに時間の無駄かと…。

種族値

  • HP … 90
  • 攻撃 … 100
  • 防御 … 90
  • 特攻 … 80
  • 特防 … 70
  • 素早さ … 75

話題になっている「ウオノラゴン」よりも攻撃が10高いですが、防御・特防がそれぞれ10ずつ低いです。
以下は条件を揃えた比較

ウオノラゴン(攻撃種族値90)のエラがみ
相手より先・タイプ一致・天候あめ・特性がんじょうあご・こだわりハチマキ
90 ×85 ×2 ×1.5 ×1.5 ×1.5 ×1.5 = 77456.25

パッチラゴン(攻撃種族値100)のでんげきくちばし
相手より先・タイプ一致・エレキフィールド・特性はりきり・こだわりハチマキ
100 ×85 ×2 ×1.5 ×1.3 ×1.5 ×1.5 = 74587.5

ソード・シールドでは○○フィールドの威力アップ効果が1.3倍に修正されているようです。(サン・ムーンまでは1.5倍)

パッチラゴンの技

戦闘で使えそうな技をご紹介します。特性はりきりを想定していますので、命中率80以下(ストーンエッジなど)の技は候補に入れていません。

レベルアップで覚える技

つばめがえし
タイプ…ひこう 威力…60 レベル14で習得
必ず命中する技ですので「はりきり」と相性が良い・ダイマックス技「ダイジェット」は素早さが上がるため、解除後にでんげきくちばしを使いやすいです。

でんげきくちばし
タイプ…でんき 威力…85 レベル63で習得
パッチラゴンとパッチルドンの専用技
相手よりも先に攻撃すると威力が2倍(170)になる
こだわりスカーフを持たせるだけで十分強そうですね。

わざレコードで覚える技

じしん
タイプ…じめん 威力…100

げきりん
タイプ…ドラゴン 威力…120
タイプ一致で1.5倍(180)になる

わざマシンで覚える技

ほのおのキバ
タイプ…ほのお 威力…65
10%の確率でやけど状態かひるませる

ロックブラスト
タイプ…いわ 威力…一回25
1ターンの攻撃で2~5回攻撃する

タイトルとURLをコピーしました