スティングスコーピオンプログライズキー【仮面ライダーゼロワン】

仮面ライダー

今回は仮面ライダーゼロワンの変身アイテム「プログライズキー」の一種である”スティングスコーピオンプログライズキー”についてです。

ここでは公式サイトや劇中シーンをもとに、やゼロワンの『スティングスコーピオン』についての情報を確認したり解説したりしていきます。

スティングスコーピオンプログライズキー

スティングスコーピオンプログライズキーについて

英語の綴りはSTING SCORPION

アビリティはPOISON(ポイズン)

他のプログライズキー同様に「ライダモデル」が保存されているシステムデバイスであり、そのデータイメージはサソリ

滅亡迅雷フォースライザー”に装填すると「仮面ライダー滅 スティングスコーピオン」への変身が可能。(プログライズキーの力を強制的に引き出して装着している)

飛電ゼロワンドライバー”の装填すると「仮面ライダーゼロワン スティングスコーピオン」への変身が可能。

STINGとは

『スティングスコーピオン』のSTINGについての解説です。

自動詞STING

  • (虫や植物が)刺す
  • (体が~で)ひりひりする

他動詞STING

  • (虫や植物が、人や物)を針やとげで刺す
  • 刺すような痛みを与える
  • (非難などが人)を傷つける・苦しませる
  • (~が人を)刺激して~をさせる

名詞STING

  • 針 / とげ / 毒牙
  • 刺すこと
  • 痛み / 激痛 /(心の)苦痛
  • 辛辣さ / 皮肉

アビリティについて

アビリティ:ポイズン
(ABILITY:POISON

ポイズンは下に挙げるように 単にを意味し、これは毒全体を指しています。
サソリなどがもつ生物毒を指す際には、venom(ヴェノム)が使われます。

名詞POISON

  • 毒 / 毒物
  • 害を与えるもの

他動詞POISON

  • ~に毒を盛る / ~を毒殺する
  • 毒する / 害する

形容詞POISON

  • 有毒な
  • 毒入りの
  • 毒を塗った

仮面ライダー滅 スティングスコーピオン

仮面ライダー滅 スティングスコーピオン

滅亡迅雷.netの司令塔であるヒューマギアのが”滅亡迅雷フォースライザー”に”スティングスコーピオンプログライズキー”を装填し、キーの力を強制的に引き出して変身した姿。

装甲「チェインブロッカー」はオーバーロード状態のサソリの「ライダモデル」を”滅亡迅雷フォースライザー”によって強制的に装着させたもの。

伸縮刺突ユニット「アシッドアナライズ」は生物だけでなく電子機器やロボット、当然ヒューマギアにも有効な毒(破壊毒やウイルスデータなど)を生成することができ、対象を内部から破壊する。

またユニットの支管を手足に纏うことも可能で、手刀やキックと共に毒を注入して対象を破壊する。

本編8話で使用した技「スティングディストピア」は支管を纏った足での上段蹴りで、バルカン(不破諫)を瀕死に追い込みました。

仮面ライダーゼロワン スティングスコーピオン

仮面ライダーゼロワン スティングスコーピオン

飛電或人が”飛電ゼロワンドライバー”に”スティングスコーピオンプログライズキー”を装填し、変身した姿。(本編には未登場)

対毒性能と抗体精製能力をもつ紺色の装甲を纏っている。
これはほかのフォーム同様にサソリの能力を体現している。

精製した毒を使用する戦闘ではなく、その薬(解毒剤)を精製する能力を有しているため、毒を使用する敵との戦闘を得意とする。

戦闘において解毒剤を投与し、対象の体内バランスを崩壊させて撃破するとのこと。

タイトルとURLをコピーしました