ランペイジガトリングプログライズキー【仮面ライダーゼロワン】

仮面ライダー

仮面ライダーゼロワンに登場する変身アイテム「プログライズキー」の一種である”ランペイジガトリングプログライズキー”について、情報が公開されています。

ここでは公式サイトや劇中シーンをもとに、「仮面ライダーランペイジバルカン」やプログライズキーについての情報を確認したり解説したりしていきます。

仮面ライダーランペイジバルカン

仮面ライダーランペイジバルカン

不破諫が”エイムズショットライザー”に”ランペイジガトリングプログライズキー”を装填し、変身した姿。

ランペイジバルカンに限らず”エイムズショットライザー”を使用して変身するには、脳に人工知能を搭載したチップを埋め込む必要がある。
不破諫の脳には、滅亡迅雷.netの一員・亡の人工知能が内蔵されたチップが埋め込まれている。

「ライダモデル」が持つアビリティ10種の能力が各部に反映されている。各装備とデータイメージ、アビリティは次の通り。
(装備上部から順)

  • 翼・アビリティウィング
    ハヤブサ / ウィング
  • 左肩部装甲・アビリティブレスト
    オオカミ / バレット
  • 左腕部ユニット・アビリティアーム
    ゴリラ / パワー
    サメ / ファング
  • 左前腕部装甲・アビリティガントレット
    サソリ / ポイズン
    トラ / ファイアー
    ホッキョクグマ / ブリザード
  • 左脚部ユニット・アビリティレッグ
    ハチ / サンダー
    チーター / ダッシュ
  • 左足部装甲・アビリティブーツ
    マンモス / ブレス

ランペイジガトリングプログライズキー

英語の綴りはRAMPAGE GATLING

アビリティはランペイジバレット
(キー表面の記載はなし)

10種のプログライズキーから抽出したデータをもとに、開発担当である刃唯阿が設計。
兵器としてザイアエンタープライズジャパン(ZAIA)が開発したプログライズキー。

エイムズショットライザー”に装填すると「仮面ライダーランペイジバルカン」への変身が可能。

ランペイジガトリングプログライズキー”には認証装置「エグザムシリンダー」が搭載されており、他のキーのようにドライバーによる認証(オーソライズ)が必要ない。
ただし不破諫がこれまで無理矢理ロックを解除していたように、負荷をかけることでロックが解除され、キーを展開させることができる。

データを使用したプログライズキーは次の通り。

  • シューティングウルフ
  • スティングスコーピオン
  • バイティングシャーク
  • パンチングコング
  • フライングファルコン
  • フリージングベアー
  • ブレイキングマンモス
  • フレイミングタイガー
  • ライトニングホーネット
  • ラッシングチーター

アビリティについて

変身前に「セレクターマガジン」を回転させる(またはキーのボタンを押す)ことで次のように音声が変化します。

  • ランペイジバレット
  • ギャザリングアビリティ
  • パワーライズアビリティ
  • スピードライズアビリティ
  • エレメントライズアビリティ
  • オールライズアビリティ

必殺技

ランペイジパワーブラスト

変身後「セレクターマガジン」を一度回転させて発動

本編29話ではゴリラ・マンモス・サメの能力・アビリティを組み合わせて連続攻撃を行いました。

ランペイジスピードブラスト

変身後「セレクターマガジン」を二度回転させて発動

本編29話ではハチ・チーター・ハヤブサの能力・アビリティを組み合わせて連続攻撃を行いました。

ランペイジエレメントブラスト

変身後「セレクターマガジン」を三度回転させて発動

本編30話ではトラ・ホッキョクグマ・サソリの能力・アビリティを組み合わせて連続攻撃を行いました。

ランペイジオールブラスト

変身後「セレクターマガジン」を四度回転させて発動

本編29話では10種類すべてのライダモデルの能力・アビリティを組み合わせた弾丸を”エイムズショットライザー”で発射しました。

ランペイジとは

ランペイジガトリングプログライズキー”のランペイジの意味についての解説です。

RAMPAGE
暴れまわること / 凶暴な行為を意味する名詞
また、暴れまわるを意味する動詞

タイトルとURLをコピーしました