「欲浴」歌詞の意味まとめ

ボーカロイド曲

音街ウナちゃんが歌うボカロ曲「欲浴」をご存じでしょうか?
ボカロPである一二三さんによる楽曲で、YouTubeとニコニコ動画にて公開されています。

ここでは「欲浴」への理解を深められるように 歌詞で使われている言葉の読み方と、それらの意味について解説していきます。

楽曲情報

欲浴/音街ウナ

作者:一二三

Music・Lyrics:一二三
Illustration:慧子・休符
Mix:acorn lab
Vocal:音街ウナ

(敬称略)

YouTubeチャンネル「一二三」にて2019年12月13日公開
(ニコニコ動画でも同日公開)

歌詞のふりがな・意味の解説

「欲浴」で使われている言葉の読み方と、それらの意味を解説しています。
(簡単なものは除く)

惨状さんじょう
むごたらしいありさま・痛ましいありさまのこと。

むなしさ(虚しい)
内容がなく、空虚であるさま。
儚いさま。

苦悩くのう
漢字そのままで苦しみ悩むことです。またその苦しみや悩みを指して使われます。

独壇場どくだんじょう
独擅場どくせんじょう”の「」を「壇」と誤って生まれた言葉です。
その人だけが思いのままにふるまうことのできる場所や場面を意味します。

真価しんか
物や人のもつ本当の価値や能力のことです。

わっていく
物事が尽きて終わりになっていく。

無常むじょう
人の世の変わりやすいこと・人の命の儚いことを意味します。

非情ひじょう
人間らしい思いやりがないこと・心が冷たくて喜怒哀楽の情に左右されないこと。

ともしび
明かりにするために ともした火のこと。
灯火ともしびとも書きます。

喉元のどもと
首の付け根・のどのあたり。

干渉かんしょう
当事者でないものが口出しをし、他人を自分の意思に従わせようとすること。

燦然さんぜんとした(燦然)
きらきらと鮮やかに光り輝くさま。

咬傷こうしょう
かまれてできた傷。

かじかんだ(悴む)
寒さのために手足が凍えてうまく動かなくなることです。

地団駄じだんだ
足で地を何回も踏みつけること。

所詮しょせん
望ましくないが、結論として最後にはそこに行きつくさまを意味します。
”結局は” や ”つまるところは” と言い換えることができます。

口先くちさき
心のこもらない ただ口に出しただけの言葉です。
例えば”口先だけの約束”だと、反故にされやすい薄い約束ということですね。

さげす
人を、自分より劣っているものとして見下すこと。

嘲笑ちょうしょう
あざけり笑うことです。あざ笑うなんて言われますよね。

粉砕ふんさい
こなごなに砕くこと。また 徹底的に打ち砕くことを意味します。

心情しんじょう
心の中で感じていることを指します。

薄氷はくひょう
薄く張った氷のことです。慣用句”薄氷を踏む”は、きわめて危険な状況に臨むことを例えて言った言葉ですね。

ちがえてんだって(履き違える)
意味をとり違えること・考え違いをすることです。

来世らいせ
仏教で、死後 生まれ変わって住む世のことです。
後生ごしょう”や”未来世”などとも言われます。

相反あいはんしてる(相反する)
互いに対立して一致しないことを指します。

すくって(掬う)
液状や粉状のものを、手のひらや匙などで軽くかすめるようにして上に取り出すこと。
また、液体の表面や中にあるものを下から受けるようにして取り出すことです。

水面みなも
水の表面のことです。
同じ漢字で同じ意味の言葉で”水面すいめん”もあります。


※ 歌詞の一部をpixivFANBOXより引用

欲浴/音街ウナ

YouTubeチャンネル「一二三」より動画埋め込み(3分38秒)

欲浴/音街ウナ
タイトルとURLをコピーしました