「生きるってなんだよ」歌詞の意味まとめ

ボーカロイド曲

今回はボカロPである午後ティーさんの3月時点での最新曲「生きるってなんだよ」についてです。

ここでは「生きるってなんだよ」への理解が深められるように 歌詞で使用されている言葉の読み方と、それらの意味について解説していきます。

楽曲情報

生きるってなんだよ / 音街ウナ

生きるってなんだよ / 音街ウナ

タップ / クリックで再生されます。
下に歌詞の意味解説とふりがながあります。

作詞・作曲:午後ティー
絵:ゆーすけ あくた
歌唱:音街ウナ
(敬称略)

YouTubeチャンネル「午後ティー[ボカロP]」にて2020年3月12日公開
(ニコニコ動画でも同日公開)

歌詞の意味の解説

生きるってなんだよ」中に登場する言葉の読み方と、それらの意味について解説していきます。

※ 簡単なものは除く
※ 意味が複数存在する言葉に関しては、私なりの解釈で曲のイメージに合うものを選択しております。

根腐ねぐさ
農作物の根や地下茎が腐ること。

心中しんじゅう
ある物事と運命を共にすること。
また、複数のものが一緒に自さつすることを意味します。

自慰的じいてき(自慰)
自分で自分をなぐさめること。

いて
困難や反対、不都合などを押し切って物事を行うさま。
”あえて”と言い換えることができます。

みじ
見るにしのびないほどあわれなさま。
また、自分でもひどく情けないさまを意味します。

感傷かんしょう
物事に感じやすく、すぐに寂しくなったり悲しくなったりすること。

愛憎あいぞう
愛と憎しみ

まにま
成り行きにまかせるさま。
”ままに”とも言われる言葉です。

さらって(攫う)
残らず持ち去ること。
また、すきを見て奪い取ることを意味します。

そうじて
全般的な傾向として・一般に・概して

黎明れいめい
夜明け・明け方のこと。
また、新しい時代や文化などが始まろうとすることを例えて使われることもある言葉です。

刹那せつな
極めて短い時間・瞬間のこと。

甘言かんげん
相手の気を引くための、口先だけのうまいことば。

自嘲じちょう
自分で自分を軽蔑し、あざけること。

成れの果て
零落して行き着いた結果・落ちぶれ果てた姿を指す言葉です。

足掻あがいても(足掻く)
苦境などから逃れようとして必死になること。

絶唱ぜっしょう
感情を込めて声を限りに歌うこと。
また、その歌を指します。

性根しょうね
その人の考え方や言動のもととなる心の持ち方。
”根性”とも言われます。

さとって(悟る)
ものの本質や意味などをはっきりと理解すること。
また、隠されていたことなどをはっきりと認識することを意味します。

つぶいて(呟く)
小声で独り言をいうこと。

歌詞ふりがな

なぁ 「生きる」ってなんだよ

根腐ねぐされした生活との心中しんじゅうを夢見てまない」
そんな歌を書く 
退屈たいくつ自慰的じいてきな日々だ
失うものなんてない 
いて言えばこの命くらい
なさけない 三十さんじゅうで死にたい

喜怒きど哀楽あいらく邪魔じゃまだな もうまどから捨てたい
僕は
からっぽであるべきだ
じゃないとまた泣いてしまう
みじめな現状げんじょう


こわしてしまえよ
僕のこの
感傷かんしょうを 音楽を 理想の未来を
声を 言葉を 
愛憎あいぞう記憶きおく
ゆずれないものも守りたい存在もないような人生を
なぁ 「生きる」ってなんだよ

夕焼ゆうやけの部屋に焼死体しょうしたいは僕一人だ
死にたい理由が
天井てんじょうに焼け付いたまんまだ
僕が歌を歌えば たちまち
はいになって消えた
だからもう これで最後にしたい

春ももうすぐか いやだな
ねぇ 
かぜまにま
僕も
さらってくれないか
じゃないとまた気付いてしまう
おのれの無価値さに


美しいものはそうじて一瞬だ
じゃあ僕は不老不死かもな
冬の
夕日ゆうひ黎明れいめい夜明よあけも朝焼あさやけも刹那せつな
花も雨も
四季しきも風景も同様どうよう
もう みなまで言うなよ

「負けるが勝ち」っていうのは勝者の甘言かんげん
肥大ひだいした自嘲じちょうは敗者の後遺症こういしょう

好きでにぎったペンやギターは僕を刺すナイフ れの果て
おのが血をすするその先に幸福はないぜ
「いつか」って言葉が嫌いでしょうがねぇ
いまんなって足掻あがいても僕には「それ」しかないのに

死なば諸共もろとも
くらえ この
絶唱ぜっしょう
来世らいせでは笑っていたいよ

それだけでいいや
のぞめばそんすんだ 大抵たいてい
知ってんだ


こわしてしまえよ
僕のこの
感傷かんしょうを 音楽を 理想の未来を
声を 言葉を 
愛憎あいぞう記憶きおく
ゆずれないものも守りたい存在もないような人生を
くさった性根しょうね

「花は散るから愛されるのよ」
いずれ死ぬ僕は愛に
えた
なりたいもんにもなれねぇと
さとってれたんだ
桜の咲いた庭を
ながめてつぶやいていました

「生きるってなんだろう」
「生きるってなんだよ」


「生きるってなんだよ / 音街ウナ」動画概要欄より歌詞を引用しております。(引用部分:赤文字)
歌詞の読みは私の耳コピです。正しいと言い切ることはできませんので、あらかじめご了承くださいませ。

タイトルとURLをコピーしました