yama『一寸の赤』から学ぶ言葉たち

音楽アーティスト
音楽アーティスト

楽曲『一寸の赤』をご存知でしょうか?
読み方は “いっすんのあか” で、『春を告げる でかなり有名になったアーティスト:yamaさんが歌う最新曲です。

セブンイレブンのアニメに提供されたり、あっという間に100万回再生を記録したりと、人気沸騰中の作品ですね。

ここでは『一寸の赤』への理解が深められるように、歌詞の気になる言葉の読み方や それらの意味について解説していきます。

 
※ 1st Digital Single・MV公開から一年で7500万回再生を突破している楽曲

楽曲情報

一寸の赤

参加アーティスト
 作詞・作曲:にお
 ギター:Cesar
 ベース:勝矢匠
 ピアノ・オルガン:井上仁
 ボーカル:yama
(敬称略)

2021年3月25日 0:00 ~
デジタルシングルとして、各種配信サイトより配信開始

⇧同時に公式YouTubeチャンネルにて ミュージックビデオが公開

セブンイレブンのオリジナルアニメ「レインボーファインダー~ときめきは、すぐそばに。~」第3話 提供曲

公式MV

2021年3月25日~
公式YouTubeチャンネル「yama」にてミュージックビデオが公開

映像へのリンク
(タップ / クリックすると動画が開かれます。)

yama 『一寸の赤』Music Video
▼yamaデジタルSG「一寸の赤」のMUSIC VIDEOが完成▼♪デジタル配信中 セブン-イレブンオリジナルアニメ『レインボーファインダー~ときめきは、すぐそばに。~』第3話 提供楽曲 詳細は特設ページをご覧ください。

レインボーファインダー~ときめきは、すぐそばに。~

レインボーファインダー~ときめきは、すぐそばに。~」とは、セブンイレブンによるオリジナルアニメです。#ときそば

 
アニメーション制作:アンサー・スタジオ
監督:川又浩
キャラクター原案:椎名軽穂
音楽:yama
声の出演:福原遥・内田真礼・江口拓也・花江夏樹
etc.
(敬称略)

作品の詳しい情報や映像は、公式サイトから確認・視聴が可能です。
 

以下公式サイトへのリンク

ときめきは、すぐそばに。|セブン-イレブン
セブン-イレブンオリジナルアニメ『レインボーファインダー〜ときめきは、すぐそばに。〜』

歌詞の意味まとめ

ここからは『一寸の赤』の歌詞で使用されている言葉の読み方と、それらの意味について解説・まとめていきます。

※ あくまでも私個人による解釈で、曲のイメージに最もふさわしいと思われる意味について説明しています。

1サビまで

ずっと変わらない日々の中でそっと揺れるもの
いつも支えられていたその笑顔に
嘘のない真っ直ぐな瞳に
やさしい声に

ああ気付けなかった
いつでも側に居たからかな
意地張ったりしないで正しい距離で
そう冷静に君をもっと知りたいんだ
ああ見上げた空は余りに鮮やかな赤
走り出した 声の鳴る方へ

揺れる
読み方は【ゆれる】
”心が揺れる” といった使い方で、安定が求められるものが 不安定な状態になることを指します。

支えられて
読み方は【ささえられて】
”支える” の形で、崩れそうな状態を食い止めることです。
放置すると崩れてしまう恐れのあるものについて言われます。

真っ直ぐな瞳
読み方は【まっすぐなひとみ】
正直で、ごまかしなどがない目 ですね。

意地張ったり
読み方は【いじはったり】
”意地を張る” の形で、かたくなに自分の想いを主張しようとすること。

冷静に
読み方は【れいせいに】
感情に左右されないで、落ち着いて思考・行動ができる状態であること。

見上げた
読み方は【みあげた】
下から上を見る / 仰ぎ見ること。

余りに
読み方は【あまりに】
物事がふつうの程度をはるかに超していること / 度が過ぎていること。

鮮やか
読み方は【あざやか】
色や形などが際立って はっきりしているさま。

声の鳴る方へ
読み方は【こえのなるほうへ】
”鳴る” は音がする という意味ですので、簡単に言い換えるなら ”声の聞こえる方へ” となりますね。

ラストサビまで

 
ずっと変わらないよと根拠なしでも言い切って
イエス/ノーだけじゃ心許ない
その笑顔と嘘のない真っ直ぐな瞳と
やさしい声でちゃんと言って

会えない時間でまた強くなれる?
許されるならこのまま少し
君の髪が赤く染まる間
ここで眠っていたい

――ああ気付けなかった
一緒によく帰った道
こんなに何もない寂しい景色だっけ
すべてが君で輝いていたんだ
ああ横目で見た余りに鮮やかな赤
背筋伸ばしたら 新しい明日へ

根拠
読み方は【こんきょ】
ある考えや言動のもとになるもの / よりどころ。

言い切って
読み方は【いいきって】
”言い切る” の形で、はっきりと言う / 断言する という意味です。

心許ない
読み方は【こころもとない】
どこか頼りなくて、不安に思うさま。

許されるなら
読み方は【ゆるされるなら】
”許す” には多くの意味がありますが、曲中のつながりを考えると
思い通りにさせてもらえる という意味が適当だと思います。
”受け入れられるなら” や ”時間が許すなら” といった使い方をする言葉ですね。

染まる
読み方は【そまる】
周りの色や光線の影響を受けて、物がその色を帯びること。

寂しい景色
読み方は【さみしいけしき】
人や物が少なくて、にぎわいを感じさせない 自然の風物の眺め(風景)。
また、”寂しい” には あるべきものがなくて、物足りない気持ちである という意味もあります。
どちらの意味でも解釈ができ、言葉が丁寧に選ばれた感じが良いですね。

輝いていたんだ
読み方は【かがやいていたんだ】
”輝く” の形で、人が輝かしい光を放つように見えること。

横目
読み方は【よこめ】
顔の向きは変えないで、目だけを動かして横の方を見ること。

 

 
※ 「yama 『一寸の赤』Music Video」動画説明欄より歌詞を引用しております。

タイトルとURLをコピーしました