Ado『夜のピエロ』歌詞の意味まとめ

音楽アーティスト
音楽アーティスト

Adoさんの新曲『夜のピエロ』の配信スタート&MV公開されました。

ここでは『夜のピエロ』への理解を深められるように、歌詞にある言葉の読み方と
それらの意味について解説・まとめていきます。

楽曲情報

夜のピエロ

歌唱:Ado
  作詞・作曲・編曲:biz
  ミックス:前田和哉
 (敬称略)

5作目のデジタル配信限定シングル

2021年6月14日 0:00より
  各種音楽サービスにて配信開始
 (SpotifyやiTunes Storeなど)

ミュージックビデオ

2021年6月14日 19:00 ~
  YouTubeチャンネル「Ado」にて
  公式MVのプレミア公開

イラスト:ケイゴイノウエ
  ムービー:神宮司
  イメージディレクター:ORIHARA
 (敬称略)

ミュージックビデオへのリンク
 (タップ / クリックするとYouTube動画が開かれます。)

【Ado】夜のピエロ
理由もない不安が胸に押し寄せるんだ⬇︎Streaming & Download⬇︎inst音源:Ado ​ Music & Lyrics:biz...

歌詞の読み方と意味の解説

ここからは『夜のピエロ』の歌詞中で使用されている言葉の読み方と、
それらの意味について解説していきます。

※ 意味の選択は あくまでも私個人の解釈によるものです。
【】内=読み

 
街灯【がいとう】
街路を照らすため、道ばたに取り付けた電灯。

孤独【こどく】
行為・志などを同じくする人や精神的つながりのある人がいなくて、ひとりであること。

誘う【いざなう】
呼びかけて目指す方へと連れ出すこと。

騒がしい【さわがしい】
事件が起こったりその兆候があらわれたりして、世の中が落ち着かないこと。
”騒々しい”とも言われます。

演じてる【えんじてる】
(演じる の形で)
実人生で、本心から出たものではない役割をこなすこと。

憧れ【あこがれ】
憧れること / またはその思いを指す。
(理想とする物事・事物や人などに強く心を惹かれる)

好奇心【こうきしん】
珍しい物や未知のものに興味を持つ心。

眩み【くらみ】
(眩む の形で)
① 強い光を受けて一時的に目が見えなくなる
② 病気や過度の刺激のために、目がくらくらする。

霞んでゆく【かすんで】
(霞む の形で)
目がはっきりと見えなくなること。

退屈【たいくつ】
飽きて、嫌になること。

窮屈【きゅうくつ】
空間が狭かったり物が小さかったりして、思うように身動きができないこと。
または、融通がきかなくて堅苦しいこと。

慢性的【まんせいてき】
急激な症状はあらわれないが、経過が長引いて治りにくい病気の性質・状態。

不感症【ふかんしょう】
感覚が鈍いため(または それに慣れてしまったため)に、ふつうなら感じる物事に感じなくなること。

面影【おもかげ】
記憶に残っている姿や状態 / そこから思い起こされる姿。

あどけなくて
(あどけない の形で)
子供などの姿や振る舞いが、無邪気でかわいいさま。

嘲笑った【あざわらった】
(嘲笑う の形で)
馬鹿にしてわらう / せせらわらうこと。

終電【しゅうでん】
その日のダイヤで、最後に運航される電車。
”終電車”の略称。

幻想【げんそう】
実際にはありえないことを現実の事柄のように想像すること。

ネオン
広告や装飾などに利用される低圧放電灯。
ガラス管にネオン・アルゴン・ヘリウムなどを封入している。

掃きだめ【はきだめ】
ごみを集めて捨てておく所。

劣等【れっとう】
等級や程度などがふつうより劣っていること。

焦がす【こがす】
切ない思いで心を悩ますこと。

煌めく【きらめく】
きらきらと(美しく)光り輝くこと。

うつろ
① 中身が無くからっぽであるさま。
② 気が抜かれたように、ぼんやりしているさま。

沈む【しずむ】
周りの風景や地色にとけこんで浮きだたなくなる。

微か【かすか】
感覚・記憶などによって、かろうじて認められるさま。

メランコリー
英語”melancholy”
気がふさぐこと / 憂鬱。

【ふた】
入れ物などの口にあてがって、ふさぐもの。

溺れそうだ【おぼれそう】
(溺れる の形で)
一つのことに熱中して我を忘れること。

足掻く【あがく】
苦境などから逃れようとして必死になる / あくせくすること。

使い捨て【つかいすて】
使い終えたら捨てるように作られていること。
また、そのようなものを指す。

エキストラ
英語”extra”
映画などで、通行人や群衆などを演じる臨時雇いの出演者。

  
歌詞の一部を ”【Ado】夜のピエロ” 動画内より引用しております。

タイトルとURLをコピーしました