ツユ『デモーニッシュ』歌詞の意味をまとめる

音楽アーティスト
音楽アーティスト

音楽ユニット “ツユ” の最新曲『デモーニッシュ』のミュージックビデオが公開されました。

ツユ史上最高難易度の曲」「ボカロでも歌うのが難しい鬼畜曲」という公式コメントもあり、人気・話題になっている楽曲ですね!

 
ここでは『デモーニッシュ』への理解が深められるように
タイトルや歌詞の意味と、読み方などについてまとめていきます。

楽曲情報

デモーニッシュ

参加アーティスト:ツユメンバー

作詞・作曲・編曲・ギター・ミックス・マスタリング … ぷす
イラストレーション … おむたつ
映像 … AzyuN
ピアノ … miro
ボーカル … 礼衣
(敬称略)

7作目のデジタル配信限定シングル

2021年4月27日~
 iTunes Storeやレコチョクなど各種配信サービスにて配信開始

公式MV

2021年4月26日20:00~
 YouTubeチャンネル「ツユ」にてミュージックビデオが公開
 (配信リリースの前日)

動画は過去最速で10万回再生を記録し、Twitterでも話題になっていました。

 
MVへのリンク
(タップ / クリックするとYouTubeにて動画が開かれます。)

ツユ - デモーニッシュ MV
iTunes・Apple Music・Spotify・LINE MUSIC等のサブスク解禁しました。■公式ツイッター作詞作曲/編曲/Guitar/Mix&Mastering:ぷす

タイトル『デモーニッシュ』の意味とは

曲タイトル『デモーニッシュ』の意味とは?
 

 
日本ではデモーニッシュは
悪魔的な・取り憑かれたような
という意味で使われます。

 
もともとは「dämonisch」と表記するドイツ語のようです。

歌詞の意味まとめ

ここからは『デモーニッシュ』歌詞中で登場する言葉の読み方(ふりがな)と、それらの意味について解説していきます。

意味が複数存在する言葉については、私個人の解釈で選択・説明しております。

1サビまで

ちょうだいな ちょうだいな

その綺麗な顔面 真っ白な肌
明るい性格 幸せな家庭
希望に満ちた未来の全てを
ちょうだいな ちょうだいな

私には無くて? 全部盗られて?
痛いよなんて? 誰も聞いてなくて?
愛って何だい?奪うことですか?
ちょうだいな ちょうだいな

だから!

さぁ悪魔と契約だ
そして根こそぎ奪い取りましょう
全部 全部 痛めつけて
貴方を不幸に誘いますね

だって御社もさぁ?
奪って笑って商売繁盛
当然の報い 報い 報い
ただ愛を知りたかった
温もりを知りたかったよ

なんてねっ

ちょうだいな
貰うことを言う謙譲語。
または、相手に要望・懇願する意を、親しみの気持ちを込めて言う言葉。

綺麗【きれい】
=整然として乱れたところが無い。

希望に満ちた【きぼうにみちた】
将来に対する明るい見通しでいっぱいになった。

盗られて【とられて】
=奪い取られて。

奪う【うばう】
他の所有物を一方的に取り上げて自分のものにすること。

悪魔【あくま】
キリスト教で、人の心を迷わし悪の道に誘おうとするもの。
悪の象徴で、デーモンなどとも言われます。

契約【けいやく】
約束すること。
特に、当事者の合意によって法的効果を発生させる約束をすることを指します。

根こそぎ【ねこそぎ】
余すところなく / ことごとく という意味です。

痛めつけて【いためつけて】
=ひどい目にあわせて

不幸【ふこう】
幸福でないこと。

誘いますね【いざないますね】
(誘う の形で)
呼びかけて目指す方へ連れ出すこと。

御社【おんしゃ】
相手を敬って、その所属する会社を言う言葉。

商売繫盛【しょうばいはんじょう】
利益を得るための、品物の売り買いがうまくいき、さかえること。

当然【とうぜん】
道理上、そうあるべきであるさま。(=当たり前)

報い【むくい】
良い行為または悪い行為の結果として自分の身に受けるもの。

ぬくもり
暖かい感じ / あたたかみ。

2サビまで

ちょうだいな ちょうだいな

その愉快な人生 真っ当な人生
楽しい人生 幸せな人生
期待に満ちた生涯の全てを
ちょうだいな ちょうだいな

私には無くて? 全部壊れて?
辛いよなんて?誰も聞いてなくて?
好きって何だい?恨むことですか?
ちょうだいな ちょうだいな

だから!

さぁ悪魔と契約だ
そのキラキラの目 掬い取りましょう
全部 全部 騙し騙し
貴方を不幸に誘いますね

だって御社もさぁ?
奪って笑って商売繁盛
当然の報い 報い 報い
ただ人で在りたかった
慈しみ 触れたかったよ

なんてねっ

愉快【ゆかい】
楽しくて心地よいこと。

真っ当【まっとう】
まともなさま / まじめなさま。

期待【きたい】
望ましい状態や結果をあてにして、その実現を心待ちにすること。

生涯【しょうがい】
この世に生きている間 / 一生の間。

恨む【うらむ】
ひどい仕打ちに、怒りや憎しみなどの気持ちをもつこと。
または、思い通りにならないことなどに不満や無念の思いを残すこと。

掬い取りましょう【すくいとりましょう】
掬い取る=すくって取ること。
救う=液状や粉状のものを手のひらやさじなどで、軽くかすめるようにして上に取り出すこと。

騙し騙し【だましだまし】
=調子を見ながら / その場を何とかしのぎながら。

在りたかった【ありたかった】
(在る の形で)
あるものが、ある特定の状態や段階に置かれていること。

慈しみ【いつくしみ】
いつくしむこと。
(弱い立場のものを、愛情をもって大切にすること。)

触れたかった【ふれたかった】
(触れる の形で)
ある物事に、じかに接すること。

ラストサビまで

さぁ悪魔と舞 舞だ
そして弱さも忘れてしまえ
全部 全部 御宅らのせいだろ?
ほら 不幸に誘いますね

だって御社もさぁ?
奪って笑って商売繁盛
当然の報い 報い 報い
ただ愛を知りたかった
幸せになりたかったよ

もう戻れないのね
この代償の先は

もう手遅れなんだね
この代償の先は

あははははははは

【まい】
音楽や歌謡に合わせて体や手足を動かし、さまざまな姿を象徴的に演じること。

弱さ【よわさ】
=弱いところ / 弱み。

御宅ら【おたくら】
相手が属している会社や団体を言う尊敬語。

戻れない【もどれない】
=元の状態には返れない / もといた場所へ引き返せない。

代償【だいしょう】
ある目的を達成するために失ったもの。
または、犠牲にしたものを指す言葉です。

手遅れ【ておくれ】
手当てや処理の時期をのがして、解決や回復の見込みがなくなること。
 

 
「ツユ – デモーニッシュ MV」動画説明欄より歌詞を引用しております。

タイトルとURLをコピーしました