「毒々」歌詞の意味をまとめてみた

ボーカロイド曲

音街ウナちゃんが歌うボカロ曲毒々をご存知でしょうか?
和風・清楚ロックが人気のボカロP:一二三さんによる楽曲で、2020年7月の最新曲ですね。

ここでは「毒々」とその魅力を多くの方に知ってもらうべく、私なりの解釈や考察を交えながら 歌詞の言葉の意味について解説していきます。

楽曲情報

毒々/音街ウナ

※ 楽曲リンク(YouTubeにてMVが開かれます。)

毒々/音街ウナ
どくどくと、抗う心が溢れ出る。 ○ Music & Lyrics : 一二三 Twitter : ○ Movie : 薬屋 Twitter : ○ Bass : tmsw Twitter : htt...

作曲・作詞:一二三
動画:薬屋
ベース:tmsw
ボーカル:音街ウナ
(敬称略)

2020年7月4日(土)20:00
ニコニコ動画・YouTubeチャンネル”一二三”にて公開

公開から二週間で ニコニコ動画では約6.6万回再生、YouTubeでは約5万回再生を突破しています。

歌詞の意味と解釈

毒々」の歌詞中にある言葉の意味や、それらの読み方について解説しています。
緑文字は私の解釈に基づく考察などコメントです。

※ 意味が複数存在する言葉は、曲のイメージに最も合っているものを選んでいます。(主観)
※ 「毒々/音街ウナ」動画内から歌詞を引用しております

1サビまで

届かない気持ちや 夢といった類が
どうしようもない程 心で叫んでんだよ

見えない障壁や 圧力の類が
私の頭上で佇んで 消えないんだよ

きっと きっと 幸せなんて
それなりに値段が付いていて

“もっと”なんて 何で?
望むことさえ 虚しく響く様な
こんな世界を変えたくて

咲いた 咲いた 私の中で
妬み 嫉み などが
積もり積もっていく
やがて やがて 心の臓から
どくどく溢れる本心を知って

とどかない
=気持ちが相手に通じない
または、願い事が叶わない。

といった
=という
”~という”よりも、例示する気持ちがより強く添えられる使い方です。
例えば気持ちや夢が…と受け取ることができます。

たぐい
同じ種類のものを指します。

さけんでんだよ(叫ぶ)
大声をだして言う 他に、強く主張するという意味があります。
「心で叫んでんだよ」ですから、どちらの意味も通じますね!

障壁しょうへき
妨げとなるもの。
他人や世間など、「私」の妨げとなる「見えない」ものだと思います。

圧力あつりょく
威圧(圧迫)して屈服させようとする力。
英語”pressure”に当たり、特に精神的な重圧を指す言葉です。

たたずんで(佇む)
=ある場所に暫く立ち止まる
「頭上で佇んで」ですので停滞というニュアンスが感じられます。

むなしくひび
”虚しい”は効果があらわれず、無駄になるさま。
”響く”は音があたりに伝わって広がること。
「望むことさえ」意味もない音になるような世界 だと解釈しています。

ねた
ねたむこと。
”嫉妬”や”嫉み”とも言われます。

そね
他人の幸運や長所をうらやみ、憎むこと。
”妬み”とも言われます。

やがて
=そのうち・おいおい・間もなく

もっていく(積もる)
同種の物事や事物がが集まり たまること。
「積もり積もっていく」と重ねることで、その意味を強める使い方ですね。

どくどく
液体が勢いよく流れ出るさま。
タイトルの「毒々」とかかっています。

あふれる
中のものが収まりきれなくなって外にこぼれること。
または、感情や気持ちが表情などとなって外に現れること。

本心ほんしん
その人の本当の心・真実の気持ち。
液体に見立てた本心が溢れる という歌詞のつながりで、二重の意味がかかっていることが分かりますね。

2サビまで

身分とか価値だとか世間の尺度で
その一目盛りのために醜くなれるの?

そうだ そうだ 人間なんて見下すことで生きていて
そうか、そんな そんな 生きる手段で
凝り固まった様な場所で 息が出来ないよ

遥か 高く 胡坐をかいて
私達はただ 利用されてんだ
隙を 隙を 狙い続けて
毒針をそっと 首に打ち込んで

身分みぶん
その人が属している社会での地位や資格のこと。

世間せけん
=世の中
世の中の人々を指すこともあります。

尺度しゃくど
物事を評価(判断)する基準。
後に「その一目盛り」と続くため、長さを測る道具(ものさし)や 計量の基準という意味も当てはまります。
「身分とか価値だとか」は世の中が決めたものさし と受け取ることができますね。

みにく(醜い)
人の心や社会の事物などが不純で、軽蔑に値するさま。
「身分とか価値」のために醜いことにも手を染めるのか?と解釈しています。

見下みくだ
相手をあなどって自分より低く見ること。

手段しゅだん
目的を達成するための具体的な手だて。
「見下すことで生きて」いるのは生きるため。

かたまった
=ひとつの物事に熱中して他を顧みなくなった
現代の世の中を示唆しているのだと感じられます。

はる
程度の違いが甚だしいさま。
「遥か高く」= 他と比べて、距離や程度などが非常に高い

胡坐あぐらをかいて(胡坐をかく)
あぐらの姿勢で座る 他に、あるものに頼ってのんきに(図々しく)構えることを意味します。
後に「私達はただ利用されてんだ」と続くため、胡坐をかいた奴らに利用されている 捉えることもできます。

すき
つけこむべき状態・気のゆるみ
(つけこむ=機会をうまく捉えて利用する意)

ラストサビまで

張り巡らした意図の傍で
引っかかる好機を ただ待ってた
社会のうなじに噛み付いて
私の感情全部を 流し込んでみせる

弱く 脆い 私達がさ
持てる 唯一の 反骨精神
いつか いつか 叶いますように
どくどく流れる 私の想いが

この腐ってる 世界に響いて

めぐらした
=まわりを囲むように張った
=全体にくまなく張った

意図いと
あることを実現しようと考えた事柄。
目論見とも言います。
「張り巡らした」という歌詞から、”意図”と”糸”がかかっていることがわかります。

そば
=横(すぐ近く)の場所。
かたわらとも言われます。

っかかる
=計略にはまる

好機こうき
ある物事をするのにちょうどよい機会。
英語”chance”が これに当たります。

よわもろ
”弱い”は精神のあり方にきわだった特徴があまりない・物事に耐える力が小さいなど。
”脆い”は情にほだされやすく精神的に崩れやすいこと。
似た意味をもつ言葉ですね。こちらも意味を強めるための言い方だと思います。

唯一ゆいいつ
ただ一つであること。

反骨精神はんこつせいしん(反骨)
容易に権勢には服従しない気骨。
または 権力や時勢、因習などに逆らおうとする気概。

くさってる世界せかい
”腐る”には 心が拗けて、まともさを失うという意味があります。
「腐ってる世界」とは、まともさを失っている世の中 だと解釈しています。

おわりに

毒々/音街ウナ」歌詞の意味と解釈・考察のまとめでした。

一二三さんが紡ぐ言葉は心に響きます
現代を映し出しているような歌詞” というコメントがあるように、歌詞が本当に綺麗なんですよね。

「毒々」への理解を少しでも深められたら幸いに思います。

一二三さん作で 私が最も好きなウナちゃんの曲「結い傷な」についてはこちら

「結い傷な」歌詞の意味をまとめてみた
ボカロ曲「結い傷な」をご存知でしょうか?読み方は「ゆいきずな」です。 一二三さんによる音街ウナちゃんが歌う楽曲です。素晴らしい曲が世に出て7か月,ついにカラオケDAMでの配信が決定しています。ここでは「結い傷な」とその魅力をより多...
タイトルとURLをコピーしました